個人売買のときの名義変更の手続き

車の売買方法は、知り合い同士で売買したり、インターネットで売買したり、専門業者に依頼したりと方法は様々です。
ここでは、個人販売の方法で、知り合い同士の売買だったらどういう流れになるか説明します。

最初に、車の状態をお互いで確認します。
そこで、車両代金の話をして合意します。
次に、その他費用として自動車税の未経過分の扱いなどについて決めます。
そこで、合意したら契約書を交わします。
そして、買い手は代金を支払い、売り手は代金を受取り車を渡します。
その後、買った人が名義変更の手続きや任意保険の手続きを行うということになります。

インターネットで売買する場合は、この流れ以外にサイト登録も必要ですし、諸費用についてはルールがある場合もあるので確認が必要です。

次に書類について説明します。
書類は、車と一緒に引き渡す書類と、名義変更で必要な書類がありますのでしっかり揃えなければいけません。
他に、名義変更には書類の他に移転登録手数料として¥500など費用もかかります。
この名義変更をしないでそのままにしておくと、様々なトラブルの原因になりますので、名義変更の手続きは早めに行いましょう。
売り手側にずっと課税されたり、買い手側が万が一事故を起こしたとき

また、流れを説明した中にも書きましたが、知り合い同士でも契約はきちんと交わしましょう。
どうしても、なあなあで契約を交わさない場合もあるようですが、車が買ったその日に動かなくなる可能性もないとはいえません。
なので、売り手も買い手も気がついていない不備があったとき、どうするかをきちんと決めておくことで後々トラブルにならずにすむでしょう。

車を個人で売買する時の流れ

プロではない者同士の為、手続きにもれがあったりする可能性もありますので、名義変更の手続きとポイントをまとめます。 最近では、売買手続きの時間もないし、不安だしという方などへむけて、売買手続きだけを代行してくれる業者もありますので心配な方にはおすすめです。

個人売買のトラブルを予防

車の個人売買は、知り合い同士の売買でもインターネット上の売買でも、お金が絡むことです。 また、自動車そのものが、表面には見えないだけで売り手も買い手も気がつかない何か不備があるかもしれません。 なので、トラブルを予防する為に何をしておくべきかを考えてみましょう。

個人売買と買取査定を比較してみよう

自分の車を個人で売買するときと、買取業者にお願いするときは、どんな違いがあるのでしょう。 自分で売却するにあたって不安な方もいれば、買うのにローンが組めるのか心配な方もいると思います。 心配だから業者にたのんでしまおうということもあるでしょう。